化粧水の使い方|お肌を乾燥から守る方法とおすすめのメイク方法について

正しい化粧水のつけ方を学んでしっかりと保湿しよう

化粧水の使い方

スキンケアする人

正しい化粧水のつけ方

化粧水を使う際は、正しい方法でつけなければしっかりと保湿をしてくれません。正しい化粧水の付け方を覚えて、乾燥肌とはおさらばしましょう。まず化粧水をつける際は、手で温めてから使います。コットンなどで化粧水を付ける方法もありますが、手のひらの方が柔らかく、お肌には優しいので手でつけることをおすすめします。

肌の水分量を理解する

お肌に潤いを与えるために何度も化粧水を重ね付けする方法などもありますが、お肌が保つことのできる水分量には限界があることを理解しておきましょう。化粧水でお肌に水分を与え乾燥を防ぐことはできますが、化粧水は肌の水分量を上げることはできません。無駄になってしまうのでしっかりと適量を守るようにしましょう。重ね付けは多くても3回ほどにおさえると良いでしょう。

洗顔後はすぐに化粧水をつけましょう

しっかりと泡立てた石けんで優しく洗顔した後は、すぐに化粧水をつけるようにしましょう。もともと乾燥肌ではない方や肌のトラブルがない方は化粧水は使わない方が良いですが、乾燥や肌荒れに悩んでいる方はすぐにつけることをおすすめします。肌荒れの状態は、保湿力が弱まっている状態なので、洗顔後すぐにつっぱったりしてしまい、時間が経つほどに皮脂が多く分泌されテカテカしたりニキビができやすくなってしまいます。ですので、洗顔後は一秒でも早く化粧水をつけて保湿するようにしましょう。

広告募集中